野菜料理

Bistro Dining Jam | 野菜って本当は美味しい、ってことを伝えたい。[京都府 宇治市]

“内田のグルメ紀行” × “坂ノ途中 となりのおやさい会”。

宇治は小倉にある、小学校の同級生、斎木さんが店長を務めているお店、

Bistro Dining Jam の特徴や、店長の想いを聞いてきましたー!

※”坂ノ途中 となりのおやさい会”では、また違った視点でインタビューさせていただいています。両方合わせて読んでいただくことで、より一層”Bistro Dining Jam”のことを知れて、面白いので、ぜひ読んでみてくださーい
“となりのおやさい会 vol.5”

Bistro Dining Jam“野菜・ハンバーグ・グリル”名物のお店。

京田辺市にある、ココロキッチンの2号店として、

宇治の小倉に2017年11月にオープンしました。

旬のお野菜とワインのメニューがズラり

 

野菜の美味しさをもっと伝えたい!

Bistro Dining Jam では、

ほとんどすべての野菜を“野菜提案企業 坂ノ途中” から仕入れています。

野菜提案企業 【坂ノ途中】って、どんな会社?
「環境負荷の小さい農業を実践する農業者を増やすこと」を目指す会社です。それを通じ、農業を持続可能なものにしたい、ひいては持続可能な社会にたどり着きたいと考え、そのために農薬や化学肥料に大きく依存した農業をやめ、環境への負担の小さな農業を広げよう。
それが「百年先も続く、農業を」という坂ノ途中のコンセプトに込められた想いです。
だから、環境負荷の小さい農業を実践する農業者が育てた野菜を、坂ノ途中は売っています。
坂ノ途中のお野菜定期宅配はこちらから↓


ここの一号店にあたる ”ココロキッチン” でも坂ノ途中のお野菜を使われています。

ココロキッチンで、坂ノ途中の野菜を使い始めた時に、よそで買うものと美味しさが全然違って。この美味しさをもっと伝えたい!と思ったのがきっかけで、野菜に特化したお店としてBistro Dining Jamをオープンされました。

季節の野菜料理。

お通し

お野菜の収穫をイメージしたお通し。

パン粉・ツナ・アンチョビ・オリーブ・ケーパーをクラッシュしてオーブンで焼いたものを土に見たて、ポテトクリームの上に敷いて、畑を演出。

その上には旬のお野菜がトッピングされています。季節ごとにお野菜を変え、その時期の旬を感じてもらえるようにと考えられています。このお通しは、来るたびに変化があり、ついついテンションが上がります。

ちなみに今の時期は “nicoさん(京都産)” のミニトマトが土に埋まっていましたー!(トマトは土に埋まっているものではないんですけどね。笑)

 

チーズの盛り合わせ(780円)

6種類と贅沢なチーズの盛り合わせ。

奥のオレンジ色のチーズから時計回りで、

・ミモレット
・カマンベール
・クリームチーズ
・ゴルゴンゾーラ
・テットドモワンヌ
・カッテージ

一番のオススメは、

ホール(800g)で買うと、8000円以上もする高級チーズのテットドモワンヌ。

ミルクの旨みがギュッと濃縮された濃厚な味です。

小倉でこのチーズを置いているのはここの店だけなのではないでしょうか?!

 

有機野菜の自家製ピクルス(480円)

Bistro Dining Jamのオリジナルピクルス

その季節の旬のお野菜を使用し、ブラックペッパーや、ローリエ、ディルなどの数種類のハーブを加えられており、風味がすごく豊かで美味しいです。

おつまみにもってこいの一品で、パクパクと食べ続けてしまいます。

 

↓そんなJam特製のオリジナルピクルスの作り方を聞いてきました!

あわせて読みたい
シェフレシピ | 自家製ピクルス by Bistro Dining Jam [京都府 宇治市]Bistro Dining Jam 斎木シェフ直伝、自家製ピクルスの作り方 1、お野菜を準備する ...

 

自家製バーニャカウダ(880円)

この店いち押しの一品。

10種類以上の色とりどりのお野菜を一皿で味わえるバーニャカウダです。

 

バーニャカウダソース

ソースは、オーナーの田中さんが色んなお店で食べ歩きを重ね、研究して、開発されました。

油との分離がなく、すごくクリーミーマイルドな口当たりに仕上がっています。

田中さんの一番思い入れがあるメニューなので、Jamに来たら是非食べていただきたい一皿です。

特に夏野菜が豊富な今の時期は、一年で一番バーニャカウダを楽しめる時期だと思う、とオススメされていました!

 

みさきキャベツのステーキ

先の尖った、たけのこみたいな形をした、キャベツを見たことありますか?

少し小さめだけれども、甘みが強いのが特徴で “生食用キャベツの王様” と言われたりしている みさきキャベツ

生のままでも非常に甘みがあるのですが、火を通すことでさらに甘みがアップされたみさきキャベツのステーキはすごく人気があり、多くの人が注文をされていました。

 

ドライカレーのアヒージョ

6月に期間限定で行われていたアヒージョフェアの一つだった、ドライカレーのアヒージョ

スパイスが効いていて、僕個人的には好きだったんですが、注文はぼちぼちだった、と。

人気だったのは、トマトとベーコンのジェノベーゼ(チーズ入り)で、レギュラーメニューの仲間入りをしました!

 

生ハムと半熟卵のカルボナーラピッツァ(980円)

最後の〆にはピザを注文しましたー

Jamでは、パスタよりもピザの方が人気。

その中でも一番人気なのは、定番のマルゲリータみたいですね。

そして二番目に人気なのが、↑の生ハムと半熟卵のカルボナーラピッツァ

でも、今度きた時はピザじゃなくて、パスタを食べてみようと思います。

 

充実したドリンクも魅力的。

ワイン飲み比べ放題は、一時間1000円から!

23:30(ラストオーダー30分前)まで開いているので、二次会としての利用にもオススメです!

 

「ただいまー。」って、アットホームな感じで入れるお店へ。

 

店長の斎木さんは、もっとお客さんが気軽に来れるお店になるようにしていきたいと云う。

ふら〜っと立ち寄れて、「ただいまー。」ってアットホームな感じで、全員が知り合いみたいな感じのお店。

そして新規のお客さんでもすぐに溶け込めて、仲良くなれるような、そんなお店を目指していきたい、と。

なので、自分の接客でお客さんの緊張が取れるように。ワイワイしてもいい、そういう空間なんや!

って、思ってもらえるようにしていきたい、と僕に話してくれた。

 

内田のグルメ紀行 特別サービス。

『特別サービス』のご案内!

内田のグルメ紀行を読んでいただいた皆さんにお得なお知らせがあります!
ディナーで、Bistro Dining Jamに訪れた際は「内田のグルメ紀行を見た」とお伝えください。”坂ノ途中”のお野菜を使ったお惣菜を一品サービスしてもらえることになりました。

 

Bistro Dining Jamさん、インタビューの協力、特別サービスの提供、ありがとうございます!

また食べに行かせてもらいますー!


このお店のこと。

店主へのインタビュー記事はコチラ

場所:京都府宇治市小倉町南浦21-32 (近鉄小倉駅から徒歩3分、JR小倉駅から徒歩15分)

電話番号: 0774-66-6415
月曜日 定休日
火曜日 17:00~23:30
水曜日 11:00~14:30, 17:00~23:30
木曜日 11:00~14:30, 17:00~23:30
金曜日 11:00~14:30, 17:00~23:30
土曜日 11:00~14:30, 17:00~23:30
日曜日 17:00~23:30

*祝日、祝前日:も営業 (17:00~23:30)

*料理のラストオーダー、閉店30分前。

ABOUT ME
gourmetuchida
2年間休学して、ニュージーランド&アメリカに留学してました。 農業に魅了されています。